読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいだけ

愛と、愛ゆえの毒を徒然なるままに

渦巻き

私生活で色々あり

なんだかブログを書く余裕もなく

半年近く放置してしまった。

 

気付けばF1のシーズンも本日で終了。

2016年も残すところ1ヶ月余りに…

 

QUARTETTOのDVD予約もすっかり忘れて今日に至る(汗)

早急に予約せねば(汗汗汗)

 

出会いがあり、別れもあった半年でした。

好きって気持ちで覆い隠して

ホントは見るべき部分から目を逸らしてた。

未来を考えれば明らかに無視できない部分だったのが

決定的な致命傷だった。

 

ものを知らないのは罪だ。

莫迦だから」と自嘲したって誤魔化せるものではない。

 

思考停止は悪だ。

ものごとの本質を捉える力は人生の重要事項。

 

こちらに見せない部分はあえて見ないでいたけれど

本人が隠し切れないのであれば致し方ない。

見えてしまったものを知らん顔できるほど寛大ではない。

まして断片しか窺い知ることができないのなら

拾った小さな欠片で判断する他なかろう。

 

隠し通すことができないなら、曝け出すほうがラクなのにね。

吐こうが隠そうが、事実が変わるわけでもあるまい。

 

分かれ道に立ち止まる時間は短いほうが良い。

人生はエスカレーターだから。

自分が立ち止まっていても、勝手に進んでいく。

(これは小説の受け売り)

 

あるがままでいられないなら

共に歩いていくことなんて、苦しいだけ。

虚栄心など、人生の重荷でしかない。

 

 

だから責めたり罵ったりしない。

悪戯に傷付けることはしない。

静かに去るのみ。

 

 

貝になったやつには、取り付く島もないもの。

 

 

認識の齟齬があったとて、知る術もない。

一体これまでの時間はなんだったのだ。

最終的に、思いなどという見えもしないものが

甚だ不毛であると気付いただけだった。

 

向き合うこともせず、幕切れを告げるとは

見縊ってくれたものだと呆れて言葉もない。

 

侮蔑の言葉を投げつけるのは簡単だが

無意味なことなのでやめておいた。

 

結局あたしの心も欺瞞に満ちてる。

 

 

とことんくだらねぇな。

 

 

元に戻った日常が案外幸せだったりするから

人生ってそんなもんかなと思う。

 

 

君は理想と空想と妄想の世界で生きればいいよ。

シゲの静岡話をもっと聞きたい件

以前、シゲ部で自身には静岡出身の知り合いが多いとか

三島という具体的な地名を出して静岡との縁をお話しされてました。

わたくしは伊豆に住んでいるので

それを知ったときはめちゃくちゃ嬉しかったのだ。

 

沼津の深海魚の水族館の話を聞いたときは

ちょうど翌日が免許の更新だったので

免許センター行きがてら水族館行こうかしらなんて思ったものだった。

ただ、非常にナマケモノでいい加減な性格のため

結局行かなかったのだけど。

 

方言語尾のくだりで「ら」って何よ?みたいなこと言ってたのも

めーっちゃ、嬉しかった。

静岡でも東部に住んでると、方言らしい方言って語尾くらいしかないもんで。

「だら」「ら」について触れてもらえるのはなんか嬉しい。

 

 

…自分自身、方言にちょっとした憧れがあって

富山の親戚が話す富山弁(正確には魚津弁)がすごい好きで。

だって、語尾が「ちゃ」とかめっちゃ可愛いじゃん…

それ反則だぜ?

「そうやちゃ!」とか言ってみてぇよ(脱線)

 

 

ちなみに、静岡県は東西に広い県なので

西部、中部、東部(と伊豆)とエリア分けされます。

エリアによって方言が違うので、県民同士でも解らない言葉や文化がありまして。

免許の合宿で掛川行ってたときはカルチャーショックだらけでした。

語尾も、西部の人は「だに」とか言うんですねー。

テレビが地デジ化されるまではキー局見れてたんで(伊豆の一部だけだろうか?)

ローカルCMとかも初めて見てびっくりしたり。

うなぎパイのCMが衝撃だった)


うなぎのじゅもん体操2

 

なんだよ、うさぎのうなじって(すっかり脱線)

 

そんなこんなで伊豆の人間は「静岡県民感」があまりない。

伊豆の東側に住んでたら、静岡行くより神奈川行くほうが近いんだぜ。

 

そんな伊豆(あえて言おう、静岡ではないのだ)について

シゲが話してるー!というちょっとした驚き。

 

シゲさん、もっと伊豆に遊びに来てください。

なんならわたくしが案内しますんで(なんの話)

 

あ、でもおととしくらいに熱海に来てたね。wktkで。

伊豆、いいとこだら?

なんならもう少し南下して下さってもよろしくてよ。

 

静岡料理屋のくだりでは

「静岡料理ってなんだよ?」と思ったんだけど。

おでんだったんですね。

伊豆ではあの黒いおでん食べないので解らんかった。

浜松餃子も、伊豆の民にはまったく地元感がないものなので

宇都宮餃子となんら変わらない。

なので静岡料理って言葉はかなり不思議が詰まってる。

プラス、ここで言う「静岡」に伊豆は含まれていないという疎外感。

 

でも、シゲが静岡静岡言ってるのが幸せー。

テレビで地元映ると嬉しいみたいな感じ。

勝手にシンパシー感じちゃうよね(すげー迷惑だな)

 

そんな地元好き、方言フェチなわたくしは

シゲの静岡話、もっと聞きたいー。

 

 

 

ローカルネタに走ってみて、素朴な疑問を思い出した。

冷凍みかんって全国区の食べ物じゃないの?

誰かおせーて。

ホイミで考えごと

今日はジムで汗流してきた。

ミーハーダイエッターまめごはんは、帰りに小豆を買いに行った。

だがしかし、小豆は売り切れてた。

ジムファッションのままスーパーはしごしたよ。

恥ずかしい。

 

小豆が売り切れてるとは

世の中ミーハーダイエッターがわんさかいるんだな。

(かくいうわたくしもですが)

 

で、帰宅中にローソン寄って、ウワサのあいつをゲットした。

 

うめえwwwwwwww

ホイミうめえwwwwwww

 

でも冷静に考えると、ホイミって呪文じゃね?

呪文なのに味って…どゆこと?

 

まさかホイミで回復するのって、実はなんか食ってたってことなのか!?

ホイミ唱えたらからあげクン投げつけられるイメージ)

 

だってもしホイミスライムの味だとしたら、それはそれでなんか…ねぇ?

スライムってブヨブヨしてそうなのに

あんなにカラッと揚がってたら素材の食感活かせてないんだぜ?

スライムは刺身にするべき(なんの話だwwwww)

 

FFのポーションが栄養ドリンクになったときはすんなり納得できたんだが。

ホイミの闇は深い。

 

そういえばレジでレベルアップ音鳴って、めっちゃ恥ずかしかった。

 

 

 

 

 

以下、自分用メモ

<小豆スープのレシピ>

小豆 50g

塩 少々

コンソメ 1キューブ

熱湯 400cc

 

魔法瓶の水筒にすべて入れて6~8時間放置

(水筒さんには横になって頂く)

 

完成